妊娠した後でも旦那様との愛のコミュニ

突然の妊娠発覚!産まれるまでの記録いつか読んでねbaby

TOP PAGE >妊娠した後でも旦那様との愛のコミュニ

□妊娠した後でも旦那様との愛のコミュニ

妊娠した後でも旦那様との愛のコミュニケーションは営みたいものです。


妊娠中に全くできないということはありません。ただし、妊娠初期や安定期の前出産予定日間近は避けましょう。初期や安定期前は流産のリスクが高く、出産予定日付近は母体への負担が大きいからです。体調がよくて検診で何の問題もなければ大丈夫であると言われています。


無理せずゆっくりお互いを感じあうことは愛を深める大切な時間です。



妊娠チェッカーにしっかりと縦線が入り妊娠を示した時は本当に嬉しくてはしゃいでしまいました!ですが、どうにもできないつわりの症状が1週間後から始まり、毎日毎日トイレと布団の往復で会社に行くなんて以ての外で、食べることもままならない日々が続きました。

1ヶ月もしない期間でしたが、連日辛くて参っていました。その後は落ち着いて葉酸サプリを飲んだり妊娠線ができにくい潤いのある肌を維持するために保湿クリームを塗ったり分娩の時に会陰を切られてしまうことに恐怖心もありましたがお腹のベビーとの十月十日は楽しい日々でした。
妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。

ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静さを保てず危険な行動をしたりゆとりを持って日々を過ごせなくなります。


そうなると、お母さんの体に負担がかかり、胎児にも影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。



出産は命がけで挑む、人生の一大イベントです。あまりナーバスになってもいいことはないですが、いいコンディションで出産を迎えられるよう、リラックスできる心と体を作りましょう。妊娠期間は何よりお母さん自身がストレスから解放されることが赤ちゃんにとっても良いことなのではないでしょうか。初めての妊娠なら特に変わっていく体や生活環境に戸惑い知らないうちにストレスが溜まっていくのではと思います。
そんななかで十分な栄養を摂ることや赤ちゃんのためにと健康を気遣う姿勢ももっともですが、極端に行動や食事に制限をかけることは精神的に負担になっていいことは無いと思います。



心安らかに過ごすことが最も大切だと思います。妊娠している間はゆっくりとした生活に努めるのが良いです。



妊婦になりたての頃は腹部の張りと言われてもはっきりと分からないと思いますが、まずは無茶をしないことです。

気持ちは妊婦前のままなので、これくらい平気とか色々やる事があって忙しいと心理的に急ぎそうになりますが、必要以上に動くと切迫流産で入院することがあります。
ちょっとでも疲れを感じたら、体を休めるのがもっとも良い方法です。



ゆっくりスローライフも心が落ち着いてとても素敵になれます。


大好きな人との間に子供ができるって幸せなことですよね。


妊娠したことがわかった時、すぐに旦那に言いましたただ、この後に控えていたつわりが大変つらいものでした…。私の場合は起きるとすぐトイレで胃液を吐き、軽く朝食を摂るとまた吐き気に襲われました。日中はそのままずっとベッドの上。

夕方になると何度も吐きながら主人の夕食の為に台所に立ち、もはや気力だけで作っていました。もっともピークの時は全くでしたが…。ですが安心してください、必ず終わりは来るので産まれてくる赤ちゃんのことを考えつつ、頑張りましょう。
妊娠するということは一種の奇跡だと思います。

赤ちゃんに恵まれたということは非常に嬉しいことだと思います。

妊婦検診では超音波検査をしますよね。赤ちゃんがちゃんと大きくなっているかを調べるものですが、赤ちゃんの性別を確認することもできます。
赤ちゃんが男の子、女の子どちらか気になる人も多いでしょう。

もし期待していた方の性別ではなくても残念に思うことはありません。我が子は世界一かわいいです。

妊娠するとでべそのようになり体の変化に不安を感じる女性も多いでしょう。

妊娠後期に近づくにつれお腹の皮膚もそれに伴い伸ばされるので、自然とおへその窪みが浅くなり、でべそのようになってしまうことがあります。
赤ちゃんや子宮が大きくなるにつれ内側からお腹を押し出すようになるのでおへそも外に出てくるようになるのは仕方のないことなのです。妊娠は奇跡だと言う人もいますが、本当だと思います。


愛する二人の間に赤ちゃんができたということは何より喜ばしいことだと思います。妊婦さんの検診ではエコーを使った検査をしますよね。赤ちゃんの成長を診るためのものですが、赤ちゃんの性別を確認することもできます。
赤ちゃんの性別が気になるというかたは多いと思います。
望んでいた性別と違っても、残念に思うことはありません。産まれてきた我が子は無条件で可愛いです。

妊娠23週で子宮頚ハ無力症との診断を受け、妊娠24週目で子宮頸管を縫宿する手術をし、自宅安静の中妊娠34週目に入りました。



正産期までまだ期間がありますが赤ちゃんも2000グラムを超えるまで大きくなってくれて、まだ早産のリスクが消えたわけではないですが、産休に入ったので、ゆっくり過ごせています。

ネットを見ていると同じく切迫早産や子宮頸管を縫宿する手術をされた方のお話で励まされています。

今の安定した状態のまま出産できるよう、あとわずかの妊娠生活を楽しみたいと思います。


Copyright (C) 2014 突然の妊娠発覚!産まれるまでの記録いつか読んでねbaby All Rights Reserved.
top