妊娠している間は甘味を口にしたくなります。実際今

突然の妊娠発覚!産まれるまでの記録いつか読んでねbaby

TOP PAGE >妊娠している間は甘味を口にしたくなります。実際今

□妊娠している間は甘味を口にしたくなります。実際今

妊娠している間は甘味を口にしたくなります。実際今まで全く興味がなかったチョコレートやキャンディが無性に食べたくなりました。

ただ体重が増えすぎるのも禁物です。ある程度運動してから食べるようにしていました。体重維持と安産を実現するために毎日目標一万歩を守って歩いていました。しかし、歩きすぎるのも早産などの可能性があるため無理は禁物です。


妊娠は奇跡だと言う人もいますが、本当だと思います。子供ができるということはとてもうれしいことですよね。
妊婦さんの検診ではエコーを使った検査をしますよね。


赤ちゃんがちゃんと大きくなっているかを調べるものですが、赤ちゃんが男女どちらかを知ることもできます。赤ちゃんの性別を早く知っておきたいという人多いのではないでしょうか。

望んでいた性別と違っても、がっかりすることはありません。
我が子に対面すると世界一可愛いと感じられます。妊娠後間もなく、酷いつわりにみまわれたのと、身体の負担が大きい仕事だったため退職しました。
仕事を辞めるという人も多数いると思いますが、体に負担がかかり過ぎなければ、仕事を続けてもいいと思います。妊娠期間中はサプリメントで葉酸を摂るよう指示されたためちゃんと飲んでいました。
また貧血だったので処方された鉄剤とは別に鉄分の多い食べ物を摂るように心がけていました。



妊娠中に意識すべき点はいくつかあります。

常にお腹を冷やさないように注意すること、高いところの物や重い物を持ったりしないこと。
適度に運動するのはいいが全力で走らないこと、早寝早起きをして生活リズムを整えること。



いづれも妊娠中は皆が言われることだが、私が言われて最もためになったと思っていることがこれである。

産まれてくる赤ちゃんに、優しい言葉をかけ続けてあげること。優しく接すれば、優しい人間になり、冷たく接すれば冷たい人間になる産んでからもこの言葉は忘れられない日々である妊娠中に運動するなら、マタニティスイミングがお勧めです。特に妊娠後期、お腹が大きくなって歩くのも辛いため、水中運動は大変気持ちがよいです。



ただし、必ずかかりつけ医と相談をしてからにしましょう。
動きが浮力で身体が軽くなることで楽です。周りも妊婦さんばかりなので情報交換をしたり、お互いの気持ちを分かり合えますし、ベビーちゃんを産んでからも次の乳児用スイミングのクラスでまたお付き合いを広げられるチャンスです。妊娠するということは奇跡のようなことなんだと思いました。これまでに二人の子供に恵まれているのですが、幸いどちらも妊娠したいと思ってすぐ授かることができ、自然妊娠でした。

もちろん、これは当たり前ではないと思っています。
妊娠してから出産するまで、人それぞれですが、私もつわりを経験し、また、体質によるものと言われましたが、赤ちゃんがとても小さく、安静にしておかねばならず、毎日不安でした。妊娠すればよいということではなく、ちゃんと産まれるまで、油断はできないと思っています。


妊娠中はどうしても甘いものが欲しくなります。
実際、これまで特に欲しいとも思わなかったケーキやシュークリームが毎日でも食べたくなりました。ただ、体重もちゃんと管理する必要があります。

少し運動してから間食するようにしていました。体重管理、そして安産のために一日一万歩の目標を持って歩いていました。ただ歩きすぎも早産などのリスクを高めてしまうので、無理はしてはいけません。
妊娠初期のつわりは人それぞれと言いますが、私はいわゆる食べづわりになり、何かを口にしていないと気持ちが悪くなっていました。脂っこいもの、甘いものは見るだけで気持ち悪くなりました。


口にできるのはスナック菓子とトマト、ホットケーキのみ。それ以外のものを食べると気分が悪くなり、しょっちゅう吐いていました。こんな状態で栄養は取れているのかと心配になりましたが、妊娠初期はあまり栄養が必要ではないので食べたいと思うものを食べるのでよいということ。
早くこのしんどさが消えてほしいと毎日願っていました。私の場合は授かり婚だったので、妊娠検査薬で陽性がでた時は、まさか私が母親?と嬉しいよりは、不安がたくさんありました。でも、愛する人との子供を産みたいと思い、不安を払拭するように、色々調べている間に徐々に膨らんでくるお腹を愛しく感じていました。
初めての胎動の時はそれはもう嬉しくて仕方ありませんでした。

妊娠って毎日をとても幸せに子供の成長を実感できる事なのだと感じました。妊娠している間はホルモンバランスの関係で、精神的に不安定になりやすく、定期的なリラックスタイムが必要です。しかし、運動や食事は妊婦さんにとって注意しなければならないことがたくさんあり、難しいとも思います。
思いきって、文学作品の鑑賞や読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。母親が教養をつけておくことは赤ちゃんにいずれ教育をしていくための準備になります。試にすこしずつ始めてみてはどうでしょう。


Copyright (C) 2014 突然の妊娠発覚!産まれるまでの記録いつか読んでねbaby All Rights Reserved.
top