妊娠するということは、妊娠の仕組みを知る

突然の妊娠発覚!産まれるまでの記録いつか読んでねbaby

TOP PAGE >妊娠するということは、妊娠の仕組みを知る

□妊娠するということは、妊娠の仕組みを知る

妊娠するということは、妊娠の仕組みを知るととても奇跡的な事だと気付けるでしょう。というのも女性が妊娠できる期間は非常に短時間です。
女性は自身の生理の周期で妊娠できる時期を計りがちですが、赤ちゃんを望むのであれば重要視すべきなのは排卵日がいつなのかということです。

月経があっても排卵のない状態では妊娠することは不可能であるからです。



妊娠を望むのであれば、まずは自分の排卵周期を調べ把握することが第一歩です。
妊娠していても旦那様と、愛のコミュニケーションを営みたいですね。
妊婦だからといってダメなわけではありません。ただし、妊娠初期や安定期前、出産予定日近くは避けた方が良いです。

初期や安定期前は流産の危険性が高く、予定日間近は体に負担をかけてはいけません。検診で問題がなく体調が良ければ医学的には大丈夫です。優しくいたわりあいながらお互いを感じ合うことでこれからの愛情もより育まれるでしょう。

妊娠線を作らないようにするポイントは体重が増えすぎないようにする他に妊娠線予防クリームが大事だとよくいわれていますよね。



さらにクリームを塗るときには、マッサージをすることも忘れずに。脂肪をしっかり柔らかくしておくことで妊娠線がちょっとでも出ないようにすることも大切です。



その際、十分な量の予防クリームを手のひら全体に伸ばし、方向を変えながら塗り込んでいくのが効果的です。

その際、掴めるところだけでいいので掴み揉みもしておきましょう。



妊娠検査薬に陽性反応が出た時は嬉しくてたまりませんでした!しかし、その1週間後からつわりのスタートトイレと布団の往復ばかりの毎日、その間会社は休ませてもらうも、何も食べられない日々でした。


1ヶ月もしない期間でしたが、連日辛くて参っていました。

落ち着いた後は赤ちゃんのために葉酸サプリを進んで摂ったり、妊娠線防止でクリームを塗ったり出産で赤ちゃんの為とはいえ会陰を切られることが怖くて仕方ありませんでしたがお腹のベビーとの十月十日は楽しい日々でした。


妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。

ストレスを溜めてしまうとイライラから暴飲暴食をしてしまったり、冷静さを保てず危険な行動をしたり心安らかに日々の生活ができなくなります。

そうなると、母体に負担がかかり、更に胎児にも悪影響を与える可能性があります。出産は人生の一大イベント。
命懸けです。

あまりナーバスになってもいいことはないですが、いいコンディションで出産を迎えられるよう、穏やかな気持ちと身体を準備してきましょう。

友達から経験談として、妊娠すると妊娠線が出ると言われ、不安になり色々調べてみました。保湿がいいということがわかり、安定期を過ぎた頃から日々必死で保湿クリームを塗っていました。1日に2、3回は塗り直していました。



出産するまでに何個ボディクリームを使ったのかも分からない程でした。自分好みの香りの保湿クリームを使い、リラックスすることもできました。


その効果もあり、二人出産しましたが、全く妊娠線は出ませんでした。


妊娠するということは奇跡的なことなのだと感じました。
私には2人の子供がいるのですがどちらも望んで間もなく授かることができ、かつ自然妊娠でした。もちろん、これは当たり前ではないと思っています。妊娠から出産を迎えるまで、人それぞれですが、私もつわりを経験し、また、体質によるものと言われましたが、お腹の赤ちゃんが標準より小さく、自宅で大人しくしておかねばならず、日々不安でした。
妊娠さえすればOKではなく、ちゃんと出産する日まで、油断はできないと思っています。

妊娠期間中は身体に負担をかけないように身の回りの人に助力してもらいながら穏やかに過ごしていただきたいです。

家事を本気でしすぎるとお腹がピンとしたり、仕事を熱心にしすぎると体を具合が悪化したり、精神面にも影響がでると思います。

食事する時はつわりで食べられない時は食べやすいものを食べ、罪作りな気持ちはもたないようにしてほしいのです。わたしはつわりがヘビーでしたが、葉酸が入っているサプリは、意識して少し口に入れるように留意しました。
妊娠中に意識すべき点はいくつかあります。季節関係なく、お腹を冷やさないこと、重いものを持ったり、高い位置に置いてあるものに手を伸ばさないこと。適度な運動は良いが全力疾走しないこと、朝寝坊、夜更かしを控えて生活リズムを整えること。これらは妊娠中誰もが言われることだが、一番言ってもらってよかったと思うことはこれである。



産まれる前から、赤ちゃんに優しい言葉をかけてあげること。

優しくすれば、優しい子になる、嫌なことばかり言えば嫌な子になる産んでからもこの言葉は忘れられない日々である妊娠中に大切にすることはいくつかある。
常にお腹を冷やさないように注意すること、重たいものを持ったり、高いところに手を伸ばしたりしないこと。
運動はほどほどを心がけ、全力で走ったりは避けること、規則的な生活をして生活リズムを整えること。
いづれも妊娠中は皆が言われることだが、やはり一番ためになったのはこれだと思う。

産まれてくる赤ちゃんに、優しい言葉をかけ続けてあげること。
優しい言葉をかければ優しい子に育っていく、産後もこの言葉の価値を実感する日々である


Copyright (C) 2014 突然の妊娠発覚!産まれるまでの記録いつか読んでねbaby All Rights Reserved.
top